CBD Products

オーストラリアの雑草のための最高のアークペン

2014年2月24日 住友化学は、このたび、オーストラリアの農薬会社ニューファーム社と、オーストラリアにおける農薬の販売提携を拡大することで合意いたしました。 フルミオキサジンは、大豆、棉、サトウキビ等の栽培に使用される除草剤で、散布後長期間にわたって雑草の発生を抑えるとともに、その 需要増加に対応するため、住友化学は、大分工場(大分市)にあるフルミオキサジン製造設備の増強を決定し、2015年度末の生産  2006 年および 2007 年に輸入された西オーストラリア産小麦に混入していた雑草種子を. 調べたところ、ボウムギ種子は小麦 頻度が低いため、ボウムギの除草剤抵抗性が国内ですぐに問題となる可能性は低いと考え. られます。また我が国で使用されている  2013年8月6日 タイトル, オーストラリア農薬・動物用医薬品局(APVMA)は8月6日、化学物質ニュースで「グリホサート」に関する情報を グリシン)は、世界中で生育している商業作物と競合するとして知られている雑草、特に一年生の広葉雑草を枯らすために  2019年4月12日 農家にとって雑草対策や草取りは永遠の課題で、かなりの労力を伴う。ここにテクノロジーの力を導入しようとしているのがオーストラリアのスタートアップAgerrisだ。 シドニー大学からスピンアウトした同社は 人が操作したり監視したりする必要はないため、ロボット任せにできるのが魅力だ。 また、ピンポイントで雑草にだけ除草剤  2019年1月17日 この懸念がメディアの注目を浴びる中、一部の農業界や地方政府は、化学除草剤に代わる雑草防除対策を模索し始めている(4)。 農業をする これは、土の健康を最優先する農場のためにオーストラリアで特に開発された除草剤なのだ(4)。

2014年2月24日 住友化学は、このたび、オーストラリアの農薬会社ニューファーム社と、オーストラリアにおける農薬の販売提携を拡大することで合意いたしました。 フルミオキサジンは、大豆、棉、サトウキビ等の栽培に使用される除草剤で、散布後長期間にわたって雑草の発生を抑えるとともに、その 需要増加に対応するため、住友化学は、大分工場(大分市)にあるフルミオキサジン製造設備の増強を決定し、2015年度末の生産 

2014年2月24日 住友化学は、このたび、オーストラリアの農薬会社ニューファーム社と、オーストラリアにおける農薬の販売提携を拡大することで合意いたしました。 フルミオキサジンは、大豆、棉、サトウキビ等の栽培に使用される除草剤で、散布後長期間にわたって雑草の発生を抑えるとともに、その 需要増加に対応するため、住友化学は、大分工場(大分市)にあるフルミオキサジン製造設備の増強を決定し、2015年度末の生産  2006 年および 2007 年に輸入された西オーストラリア産小麦に混入していた雑草種子を. 調べたところ、ボウムギ種子は小麦 頻度が低いため、ボウムギの除草剤抵抗性が国内ですぐに問題となる可能性は低いと考え. られます。また我が国で使用されている  2013年8月6日 タイトル, オーストラリア農薬・動物用医薬品局(APVMA)は8月6日、化学物質ニュースで「グリホサート」に関する情報を グリシン)は、世界中で生育している商業作物と競合するとして知られている雑草、特に一年生の広葉雑草を枯らすために  2019年4月12日 農家にとって雑草対策や草取りは永遠の課題で、かなりの労力を伴う。ここにテクノロジーの力を導入しようとしているのがオーストラリアのスタートアップAgerrisだ。 シドニー大学からスピンアウトした同社は 人が操作したり監視したりする必要はないため、ロボット任せにできるのが魅力だ。 また、ピンポイントで雑草にだけ除草剤  2019年1月17日 この懸念がメディアの注目を浴びる中、一部の農業界や地方政府は、化学除草剤に代わる雑草防除対策を模索し始めている(4)。 農業をする これは、土の健康を最優先する農場のためにオーストラリアで特に開発された除草剤なのだ(4)。

2019年4月12日 農家にとって雑草対策や草取りは永遠の課題で、かなりの労力を伴う。ここにテクノロジーの力を導入しようとしているのがオーストラリアのスタートアップAgerrisだ。 シドニー大学からスピンアウトした同社は 人が操作したり監視したりする必要はないため、ロボット任せにできるのが魅力だ。 また、ピンポイントで雑草にだけ除草剤 

2014年2月24日 住友化学は、このたび、オーストラリアの農薬会社ニューファーム社と、オーストラリアにおける農薬の販売提携を拡大することで合意いたしました。 フルミオキサジンは、大豆、棉、サトウキビ等の栽培に使用される除草剤で、散布後長期間にわたって雑草の発生を抑えるとともに、その 需要増加に対応するため、住友化学は、大分工場(大分市)にあるフルミオキサジン製造設備の増強を決定し、2015年度末の生産  2006 年および 2007 年に輸入された西オーストラリア産小麦に混入していた雑草種子を. 調べたところ、ボウムギ種子は小麦 頻度が低いため、ボウムギの除草剤抵抗性が国内ですぐに問題となる可能性は低いと考え. られます。また我が国で使用されている  2013年8月6日 タイトル, オーストラリア農薬・動物用医薬品局(APVMA)は8月6日、化学物質ニュースで「グリホサート」に関する情報を グリシン)は、世界中で生育している商業作物と競合するとして知られている雑草、特に一年生の広葉雑草を枯らすために  2019年4月12日 農家にとって雑草対策や草取りは永遠の課題で、かなりの労力を伴う。ここにテクノロジーの力を導入しようとしているのがオーストラリアのスタートアップAgerrisだ。 シドニー大学からスピンアウトした同社は 人が操作したり監視したりする必要はないため、ロボット任せにできるのが魅力だ。 また、ピンポイントで雑草にだけ除草剤  2019年1月17日 この懸念がメディアの注目を浴びる中、一部の農業界や地方政府は、化学除草剤に代わる雑草防除対策を模索し始めている(4)。 農業をする これは、土の健康を最優先する農場のためにオーストラリアで特に開発された除草剤なのだ(4)。

2006 年および 2007 年に輸入された西オーストラリア産小麦に混入していた雑草種子を. 調べたところ、ボウムギ種子は小麦 頻度が低いため、ボウムギの除草剤抵抗性が国内ですぐに問題となる可能性は低いと考え. られます。また我が国で使用されている 

2013年8月6日 タイトル, オーストラリア農薬・動物用医薬品局(APVMA)は8月6日、化学物質ニュースで「グリホサート」に関する情報を グリシン)は、世界中で生育している商業作物と競合するとして知られている雑草、特に一年生の広葉雑草を枯らすために  2019年4月12日 農家にとって雑草対策や草取りは永遠の課題で、かなりの労力を伴う。ここにテクノロジーの力を導入しようとしているのがオーストラリアのスタートアップAgerrisだ。 シドニー大学からスピンアウトした同社は 人が操作したり監視したりする必要はないため、ロボット任せにできるのが魅力だ。 また、ピンポイントで雑草にだけ除草剤