CBD Products

雑草は癌細胞を治すことができます

2019年11月29日 広い範囲に雑草が広がる(転移)と見える範囲で雑草を抜いて(手術)も取り除くことができない上、芝生が痛んできます。 病期の方には目に見えない癌細胞が体に残っている可能性がありそれらを死滅させ再発を抑える目的でも使われます。 例え徹底的に抗がん剤治療をして耐えたとしても、癌細胞をゼロにすることは不可能です。 しかしもともとガン細胞はどの人の体内でも毎日、数百個から多いと数千個できています。 そうなりすぎるとガン細胞は雑草のように勢いを増して必ず再発します。 2019年8月23日 光免疫療法は、熱を使ったり、凍結をしたりすることなくがん細胞を破壊します。そのため、 光免疫療法でがん細胞を破壊すると、前述のように、がん細胞が壊れてできた”質の良い”抗原に対する新たなリンパ球(免疫細胞の一種)ができます。 血液のがんなど、特殊ながんを除けば、一般的に外科的切除と放射線治療のみが単独でがんを完治することができます。 が瞬間的にがん細胞の遺伝子(DNA鎖)に作用し、切断することによって、がん細胞の分裂を止め、結果としてがんを治すことができます。 がん細胞を取り残こすことのないように、普通はがん組織の周りの正常組織を含めて切除します。完全に切除できればがんは完全に治ります。 たとえば早期の胃がんで他に転移が無い場合は、手術療法で100%治すことができます。最近は食道・胃・大腸にでき  できます。進行した患者では、乳房の切除後でも、放射線. 治療が必要になることがあります。 通院治療で手術に劣らない効果が得られます。わずか. 数回の短期照射も 放射線照射によって、がん細胞は増殖できなくなり、免疫細胞が攻撃. しやすくなります。 2019年4月23日 手術(外科治療)や放射線治療が、がんに対しての局所的な治療効果が高いのに対し、抗がん剤治療は、薬剤を点滴や内服の形で体の中に入れることによって、全身的な作用を及ぼすことが期待できます。ただし、抗がん剤は、がん細胞だけで 

非浸潤性乳がんは、がん細胞が乳管の中にとどまっており、基本的に転移や再発をすることがありません。したがって その場合は、がん細胞の表面の女性ホルモンの鍵穴をブロックしたり、血中のホルモン濃度を下げたりすることで、がん細胞の増殖を抑えることができます。 庭を放置していると雑草が生えてきますが、その雑草(微小転移)が生えてこない(再発しない)ように、庭全体に除草剤(抗がん剤)を散布するようなものです。

2019年11月29日 広い範囲に雑草が広がる(転移)と見える範囲で雑草を抜いて(手術)も取り除くことができない上、芝生が痛んできます。 病期の方には目に見えない癌細胞が体に残っている可能性がありそれらを死滅させ再発を抑える目的でも使われます。 例え徹底的に抗がん剤治療をして耐えたとしても、癌細胞をゼロにすることは不可能です。 しかしもともとガン細胞はどの人の体内でも毎日、数百個から多いと数千個できています。 そうなりすぎるとガン細胞は雑草のように勢いを増して必ず再発します。 2019年8月23日 光免疫療法は、熱を使ったり、凍結をしたりすることなくがん細胞を破壊します。そのため、 光免疫療法でがん細胞を破壊すると、前述のように、がん細胞が壊れてできた”質の良い”抗原に対する新たなリンパ球(免疫細胞の一種)ができます。 血液のがんなど、特殊ながんを除けば、一般的に外科的切除と放射線治療のみが単独でがんを完治することができます。 が瞬間的にがん細胞の遺伝子(DNA鎖)に作用し、切断することによって、がん細胞の分裂を止め、結果としてがんを治すことができます。

2019年4月17日 実はがんは毎日できているって本当? ー 本当のこと!ですが、神経質にはならないで。 山本医師:遺伝子異常(突然変異)ががんの発生原因ですが、その遺伝子異常はどんな人にでも多少は起こっています。しかし、ひとつのがん細胞が発生 

2019年8月23日 光免疫療法は、熱を使ったり、凍結をしたりすることなくがん細胞を破壊します。そのため、 光免疫療法でがん細胞を破壊すると、前述のように、がん細胞が壊れてできた”質の良い”抗原に対する新たなリンパ球(免疫細胞の一種)ができます。 血液のがんなど、特殊ながんを除けば、一般的に外科的切除と放射線治療のみが単独でがんを完治することができます。 が瞬間的にがん細胞の遺伝子(DNA鎖)に作用し、切断することによって、がん細胞の分裂を止め、結果としてがんを治すことができます。 がん細胞を取り残こすことのないように、普通はがん組織の周りの正常組織を含めて切除します。完全に切除できればがんは完全に治ります。 たとえば早期の胃がんで他に転移が無い場合は、手術療法で100%治すことができます。最近は食道・胃・大腸にでき  できます。進行した患者では、乳房の切除後でも、放射線. 治療が必要になることがあります。 通院治療で手術に劣らない効果が得られます。わずか. 数回の短期照射も 放射線照射によって、がん細胞は増殖できなくなり、免疫細胞が攻撃. しやすくなります。 2019年4月23日 手術(外科治療)や放射線治療が、がんに対しての局所的な治療効果が高いのに対し、抗がん剤治療は、薬剤を点滴や内服の形で体の中に入れることによって、全身的な作用を及ぼすことが期待できます。ただし、抗がん剤は、がん細胞だけで 

草によく似ており、がんの治療は草とりにたとえることができます。 草取りでは、葉と 草剤がよく効いて、種や根まで完全に枯れて、もう雑草は生えてこなくなることがあ. ります。 身の癌を治す力を少し低下させてしまうのですが、抗がん剤で癌細胞がたくさん枯.

癌細胞と正常細胞と良性腫瘍の違い大きな悪性の進行性の腫瘍でなければ、正常細胞と癌細胞の違いを見分けるのは非常に難しく、十分な検査が必要です。 摂氏43度以上で加温し続けると、正常細胞を障害することなく、癌細胞を攻撃することができます。 これを畑や庭の雑草で例えるなら、摘出手術の様に雑草を刈っても、抗癌剤のように除草剤をまいても、放射線のように火で燃やしてみても、畑や庭の土壌を変えない限り、  2019年11月29日 広い範囲に雑草が広がる(転移)と見える範囲で雑草を抜いて(手術)も取り除くことができない上、芝生が痛んできます。 病期の方には目に見えない癌細胞が体に残っている可能性がありそれらを死滅させ再発を抑える目的でも使われます。 例え徹底的に抗がん剤治療をして耐えたとしても、癌細胞をゼロにすることは不可能です。 しかしもともとガン細胞はどの人の体内でも毎日、数百個から多いと数千個できています。 そうなりすぎるとガン細胞は雑草のように勢いを増して必ず再発します。 2019年8月23日 光免疫療法は、熱を使ったり、凍結をしたりすることなくがん細胞を破壊します。そのため、 光免疫療法でがん細胞を破壊すると、前述のように、がん細胞が壊れてできた”質の良い”抗原に対する新たなリンパ球(免疫細胞の一種)ができます。 血液のがんなど、特殊ながんを除けば、一般的に外科的切除と放射線治療のみが単独でがんを完治することができます。 が瞬間的にがん細胞の遺伝子(DNA鎖)に作用し、切断することによって、がん細胞の分裂を止め、結果としてがんを治すことができます。 がん細胞を取り残こすことのないように、普通はがん組織の周りの正常組織を含めて切除します。完全に切除できればがんは完全に治ります。 たとえば早期の胃がんで他に転移が無い場合は、手術療法で100%治すことができます。最近は食道・胃・大腸にでき