News

アメリカの大麻産業

この記事では、日本の日常生活ではほぼ触れる機会がないドラッグについて、アメリカではマリファナが合法になっている地域があることなどを情報提供しています。留学先で  2019年12月31日 それによると、2019年のアメリカでの大麻小売業の売上は、1兆3200億 このほか、ファクトブックのサマリーでは、大麻産業が市場に与えた経済効果  2019年12月2日 その筆頭であるアメリカの歴史といまを追った『真面目にマリファナの話を に大麻取締規則を、そして産業大麻を規制するために起案された大麻取締法を  アメリカではそれをきっかけに次々と合法な州が増え、現在では33州とワシントンD.C.が合法となっています。ただし、THC含有量が0.3%未満である産業用大麻由来のCBD  2019年11月3日 世界的な大麻の合法化と産業としての成長が盛んになったことが背景となり、ゴールドラッシュのような状況になっていることからこの名前がつきました。 大麻の中毒性、総合的な毒性は、タバコとあまり変わらない、という話を聞いたことがあります。もちろん細かくは議論が アメリカでは巨大な大麻産業が生まれています。 2019年4月4日 シリコンバレーの首領すらも参入した大麻産業で、人々はどのような地殻変動 アメリカでも10の州で嗜好用大麻が解禁されており、医療用大麻に関して 

2017年11月17日 アメリカでは徐々に大麻(マリファナ)の使用を許可する州が増えており、記事 では嗜好用の大麻も解禁されたことで、そこには新たな産業が育ってきてい 

2019年3月27日 注目すべきは、エネルギー産業ではありませんでした。大麻産業は、米国で最も急成長している雇用創出部門のようです。 Uber eatsのような大麻の宅配  2019年1月9日 2016年、アメリカでは(非合法ながら)大麻の一大消費都市と言われていたカリフォルニア州で嗜好用大麻が解禁されたことが大きな話題となったが、大麻  2019年11月15日 日本では違法薬物、という印象が強い大麻ですが、現在、アメリカの10の州で嗜好用大麻が、33の州で医療大麻が利用できます。また昨年10月には先進  アメリカの2016年時点での合法大麻市場規模はおよそ70億ドル、 今後も成長率は右肩上がりで伸び続け、 2025年に  2019年12月18日 デイブ・クラビル氏と2人のビジネスパートナーは、小規模ながらヘンプ(産業用大麻)の栽培を始めた。アメリカで再び合法化されたマリファナ品種を2種類、 

2019年5月8日 医療用大麻は米国のほとんどの州ですでに合法となっており、10州が娯楽用 法はアメリカで産業用大麻を合法化し、豊富な市場機会への扉を開いた。

アメリカではそれをきっかけに次々と合法な州が増え、現在では33州とワシントンD.C.が合法となっています。ただし、THC含有量が0.3%未満である産業用大麻由来のCBD  2019年11月3日 世界的な大麻の合法化と産業としての成長が盛んになったことが背景となり、ゴールドラッシュのような状況になっていることからこの名前がつきました。 大麻の中毒性、総合的な毒性は、タバコとあまり変わらない、という話を聞いたことがあります。もちろん細かくは議論が アメリカでは巨大な大麻産業が生まれています。 2019年4月4日 シリコンバレーの首領すらも参入した大麻産業で、人々はどのような地殻変動 アメリカでも10の州で嗜好用大麻が解禁されており、医療用大麻に関して  アメリカを筆頭に大麻消費の一般化がさらに進めば、今後もこうした“大麻  2019年6月10日 背景にあるとみられるのが、カナダやアメリカの一部で、し好品として大麻の合法化が進ん さらに大麻に関連する産業での税収の増加も期待されている。

2019年11月14日 中国ではマリフアナは危険な麻薬とみなされ、所持は厳しく罰せられる。それでも急成長中の大麻製品市場で大国になろうとする取り組みが止むことは 

2019年11月3日 世界的な大麻の合法化と産業としての成長が盛んになったことが背景となり、ゴールドラッシュのような状況になっていることからこの名前がつきました。 大麻の中毒性、総合的な毒性は、タバコとあまり変わらない、という話を聞いたことがあります。もちろん細かくは議論が アメリカでは巨大な大麻産業が生まれています。 2019年4月4日 シリコンバレーの首領すらも参入した大麻産業で、人々はどのような地殻変動 アメリカでも10の州で嗜好用大麻が解禁されており、医療用大麻に関して