News

ジャーナル痛み医師

終末期がん患者の口腔内不快事象に対する蜂蜜併用半夏瀉心湯の含嗽による有効性の検討 村上 敏史, 五十嵐 麻美, 宮野 加奈子, 上園 保仁, 八岡 和歌子, 上野 尚雄, 鈴木 恵里, 石井 妙子, 松田 裕美 NHK健康チャンネル 2020-1-31 · NHKは、第一線の医師・専門家への着実な取材に基づき、「確かで信頼できる医療・健康情報」を50年以上にわたって放送しています。「NHK健康 現役医師が明かす、オピオイド中毒を拡げた企業そ …

消費者庁、医業類似行為に言及 | カイロプラク …

なぜ多くの医師は、自身ががんになると抗がん剤を …

医学専門ジャーナル・書籍の電子配信サービス | 医 …

2019年9月4日 無痛分娩」「和痛分娩」は最近ますます広まっている分娩方法で、産科の現場では妊娠初期からこれを希望している妊婦さんも増えてきました。 前回の記事では無痛分娩の方法について解説しました。 今回は、安全性やメリット・デメリットを  2019年7月28日 総合医療について NHKジャーナル文字おこし (2019年7月24日(水)放送) Facebookで総合診療医の先生方が話題にし 今夜はこれから日本で求められる総合医療について、内閣府専門委員で医師の土屋了介さんにうかがいます、よろしく  医師・医学博士 下地恒毅. 資格と所属学会等, 日本麻酔科学会元学会長・名誉会員、日本救急医学会指導医・功労会員、日本ペインクリニック学会認定医・元学会長・名誉会員、英国王立麻酔科学会専門医(FRCA)、日本脳波・筋電図学会(日本臨床神経生理  皆さんは学生時代に医局の論文抄読会(またはジャーナルクラブ)で発表をしたことはありますか? 論文抄読会の主な目的は、「医学研究の最新知見をシェアし、吟味することで医局員全体のレベルアップを図る」ことと、「若手医師に論文の探索と批判的吟味、 

ライフネットジャーナル オンライン - 【医師が解 …

オキシトシンというホルモンは知っていますか? 俗に「幸せホルモン」といい、体内の自律神経を整え、ストレスをなくし、免疫力をアップ。便秘や肩こりもなくなり、血圧を正常値にするといわれていま … 抗がん剤が非常に有効ながんもある:なぜ医師自身 … 2020-2-3 · 世界で初めて開発された抗がん剤は、マスタードガスから生まれました。第一次世界大戦で使用された毒ガス、マスタードガス(イペリットとも