News

喫煙雑草はあなたの血を薄くできます

2018年9月11日 突然ですが、あなたの血液はサラサラですか? 血小板とは、傷ができたときに大量に出血してしまうのを防ぐため、傷口に集まって血液を固める働きをします。 この粘着性は細菌が入ったときの他に、喫煙やストレスでも高まります。 2014年9月4日 ドロドロになった血液は、毛細血管を通りにくくなります。そのため、細胞に酸素や栄養を運ぶことができなくなり、さらに細胞から二酸化炭素や老廃物を受けとることができなくなります。また、流れにくい血液を無理に流そうとして、血圧が高くなり  2017年10月10日 しかも、成人の毛細血管の総延長はなんと約9万㎞、地球2周半にも及びます。 血液は、液体成分である血しょうが約60%で、残りの40%は赤血球や白血球、血小板といった固形成分からできています。 ところが、食生活が偏り、血中のコレステロールや中性脂肪、糖などが多くなり過ぎたり、喫煙によるニコチンが血中に含ま  2006年7月1日 大動脈から枝分かれした動脈にできた“こぶ”は「動脈瘤」と呼びます。動脈にできる“こぶ”は風船と同じで、小さい時は大きくなりにくいのですが、いったん大きくなり始めると加速度的に膨らみ、最終的には壁が薄くなって破裂に至ります。 実は、ゼロ歳の時点ですでに主な動脈に「硬化」の初期病変がみられ、10歳前後から急に進んできます。30歳ごろになると、まさに“ 喫煙は、がん、肺や消化器などの病気だけでなく、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患の 

2014年9月4日 ドロドロになった血液は、毛細血管を通りにくくなります。そのため、細胞に酸素や栄養を運ぶことができなくなり、さらに細胞から二酸化炭素や老廃物を受けとることができなくなります。また、流れにくい血液を無理に流そうとして、血圧が高くなり 

2014年9月4日 ドロドロになった血液は、毛細血管を通りにくくなります。そのため、細胞に酸素や栄養を運ぶことができなくなり、さらに細胞から二酸化炭素や老廃物を受けとることができなくなります。また、流れにくい血液を無理に流そうとして、血圧が高くなり  2017年10月10日 しかも、成人の毛細血管の総延長はなんと約9万㎞、地球2周半にも及びます。 血液は、液体成分である血しょうが約60%で、残りの40%は赤血球や白血球、血小板といった固形成分からできています。 ところが、食生活が偏り、血中のコレステロールや中性脂肪、糖などが多くなり過ぎたり、喫煙によるニコチンが血中に含ま  2006年7月1日 大動脈から枝分かれした動脈にできた“こぶ”は「動脈瘤」と呼びます。動脈にできる“こぶ”は風船と同じで、小さい時は大きくなりにくいのですが、いったん大きくなり始めると加速度的に膨らみ、最終的には壁が薄くなって破裂に至ります。 実は、ゼロ歳の時点ですでに主な動脈に「硬化」の初期病変がみられ、10歳前後から急に進んできます。30歳ごろになると、まさに“ 喫煙は、がん、肺や消化器などの病気だけでなく、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患の 

2018年9月11日 突然ですが、あなたの血液はサラサラですか? 血小板とは、傷ができたときに大量に出血してしまうのを防ぐため、傷口に集まって血液を固める働きをします。 この粘着性は細菌が入ったときの他に、喫煙やストレスでも高まります。

2014年9月4日 ドロドロになった血液は、毛細血管を通りにくくなります。そのため、細胞に酸素や栄養を運ぶことができなくなり、さらに細胞から二酸化炭素や老廃物を受けとることができなくなります。また、流れにくい血液を無理に流そうとして、血圧が高くなり  2017年10月10日 しかも、成人の毛細血管の総延長はなんと約9万㎞、地球2周半にも及びます。 血液は、液体成分である血しょうが約60%で、残りの40%は赤血球や白血球、血小板といった固形成分からできています。 ところが、食生活が偏り、血中のコレステロールや中性脂肪、糖などが多くなり過ぎたり、喫煙によるニコチンが血中に含ま  2006年7月1日 大動脈から枝分かれした動脈にできた“こぶ”は「動脈瘤」と呼びます。動脈にできる“こぶ”は風船と同じで、小さい時は大きくなりにくいのですが、いったん大きくなり始めると加速度的に膨らみ、最終的には壁が薄くなって破裂に至ります。

2014年9月4日 ドロドロになった血液は、毛細血管を通りにくくなります。そのため、細胞に酸素や栄養を運ぶことができなくなり、さらに細胞から二酸化炭素や老廃物を受けとることができなくなります。また、流れにくい血液を無理に流そうとして、血圧が高くなり 

2018年9月11日 突然ですが、あなたの血液はサラサラですか? 血小板とは、傷ができたときに大量に出血してしまうのを防ぐため、傷口に集まって血液を固める働きをします。 この粘着性は細菌が入ったときの他に、喫煙やストレスでも高まります。