News

Cbdがウィキペディアを削除

カンナビジオール(国際一般名:Cannabidiol)、略称CBDは、麻に(薬用の大麻以外にも)含まれる、少なくとも113あるカンナビノイドのひとつ。主なフィトカンナビノイドで、麻の抽出物の計40%までの割合を占めることもある。アメリカで商品名エピディオレックスで  この削除の方針(Deletion Policy)は、ページやファイルの削除に関する方針をまとめたものです。ここでは一般的な削除方針について説明しますので、リダイレクトの削除については「Wikipedia:リダイレクト削除の方針」および「Wikipedia:リダイレクトの削除  2020年1月25日 (2020.2.5更新) CBD:カンナビジオール 分子式:C21H30O2 (CBD)カンナビジオールは、大麻植物に含まれる天然の有効成分カンナビノイドの1つ 「麻」に含まれる成分の1つ Wikipediaより引用- ニュージーランドのCBDは規制薬物ですが、規制によって現在課されている制限の多くは2017年末までに削除されます。 Convention on Biological Diversity. 生物多様性条約。1993年発効。現在世界190か国が参加している国際条約。生物の多様性を守ろうという環境保全型国際条約であると勘違いする向きがあるが、実際はそれだけではない。CBDでは各国の生物資源の利用  2019年6月15日 説明によれば、大麻草やヘンプの親戚であるホップの品種の中に、CBD を産生するものが見つかったのだそうです。発見したのはボミ・ジョセフ ですがこれは実は、Wikipedia にある写真で、Humulus Kriya の写真ではなく、Humulus Japonicus という植物です。 なお、アメリカで ImmunAG 製品を販売していた2つの販路、Kannaway と HempMeds のウエブサイトからはともに製品が削除されているようです。

2020年1月25日 (2020.2.5更新) CBD:カンナビジオール 分子式:C21H30O2 (CBD)カンナビジオールは、大麻植物に含まれる天然の有効成分カンナビノイドの1つ 「麻」に含まれる成分の1つ Wikipediaより引用- ニュージーランドのCBDは規制薬物ですが、規制によって現在課されている制限の多くは2017年末までに削除されます。

この削除の方針(Deletion Policy)は、ページやファイルの削除に関する方針をまとめたものです。ここでは一般的な削除方針について説明しますので、リダイレクトの削除については「Wikipedia:リダイレクト削除の方針」および「Wikipedia:リダイレクトの削除  2020年1月25日 (2020.2.5更新) CBD:カンナビジオール 分子式:C21H30O2 (CBD)カンナビジオールは、大麻植物に含まれる天然の有効成分カンナビノイドの1つ 「麻」に含まれる成分の1つ Wikipediaより引用- ニュージーランドのCBDは規制薬物ですが、規制によって現在課されている制限の多くは2017年末までに削除されます。 Convention on Biological Diversity. 生物多様性条約。1993年発効。現在世界190か国が参加している国際条約。生物の多様性を守ろうという環境保全型国際条約であると勘違いする向きがあるが、実際はそれだけではない。CBDでは各国の生物資源の利用  2019年6月15日 説明によれば、大麻草やヘンプの親戚であるホップの品種の中に、CBD を産生するものが見つかったのだそうです。発見したのはボミ・ジョセフ ですがこれは実は、Wikipedia にある写真で、Humulus Kriya の写真ではなく、Humulus Japonicus という植物です。 なお、アメリカで ImmunAG 製品を販売していた2つの販路、Kannaway と HempMeds のウエブサイトからはともに製品が削除されているようです。

2020年1月25日 (2020.2.5更新) CBD:カンナビジオール 分子式:C21H30O2 (CBD)カンナビジオールは、大麻植物に含まれる天然の有効成分カンナビノイドの1つ 「麻」に含まれる成分の1つ Wikipediaより引用- ニュージーランドのCBDは規制薬物ですが、規制によって現在課されている制限の多くは2017年末までに削除されます。

カンナビジオール(国際一般名:Cannabidiol)、略称CBDは、麻に(薬用の大麻以外にも)含まれる、少なくとも113あるカンナビノイドのひとつ。主なフィトカンナビノイドで、麻の抽出物の計40%までの割合を占めることもある。アメリカで商品名エピディオレックスで  この削除の方針(Deletion Policy)は、ページやファイルの削除に関する方針をまとめたものです。ここでは一般的な削除方針について説明しますので、リダイレクトの削除については「Wikipedia:リダイレクト削除の方針」および「Wikipedia:リダイレクトの削除  2020年1月25日 (2020.2.5更新) CBD:カンナビジオール 分子式:C21H30O2 (CBD)カンナビジオールは、大麻植物に含まれる天然の有効成分カンナビノイドの1つ 「麻」に含まれる成分の1つ Wikipediaより引用- ニュージーランドのCBDは規制薬物ですが、規制によって現在課されている制限の多くは2017年末までに削除されます。 Convention on Biological Diversity. 生物多様性条約。1993年発効。現在世界190か国が参加している国際条約。生物の多様性を守ろうという環境保全型国際条約であると勘違いする向きがあるが、実際はそれだけではない。CBDでは各国の生物資源の利用  2019年6月15日 説明によれば、大麻草やヘンプの親戚であるホップの品種の中に、CBD を産生するものが見つかったのだそうです。発見したのはボミ・ジョセフ ですがこれは実は、Wikipedia にある写真で、Humulus Kriya の写真ではなく、Humulus Japonicus という植物です。 なお、アメリカで ImmunAG 製品を販売していた2つの販路、Kannaway と HempMeds のウエブサイトからはともに製品が削除されているようです。

この削除の方針(Deletion Policy)は、ページやファイルの削除に関する方針をまとめたものです。ここでは一般的な削除方針について説明しますので、リダイレクトの削除については「Wikipedia:リダイレクト削除の方針」および「Wikipedia:リダイレクトの削除 

2020年1月25日 (2020.2.5更新) CBD:カンナビジオール 分子式:C21H30O2 (CBD)カンナビジオールは、大麻植物に含まれる天然の有効成分カンナビノイドの1つ 「麻」に含まれる成分の1つ Wikipediaより引用- ニュージーランドのCBDは規制薬物ですが、規制によって現在課されている制限の多くは2017年末までに削除されます。 Convention on Biological Diversity. 生物多様性条約。1993年発効。現在世界190か国が参加している国際条約。生物の多様性を守ろうという環境保全型国際条約であると勘違いする向きがあるが、実際はそれだけではない。CBDでは各国の生物資源の利用