Blog

米国での大麻使用

2014年5月7日 米オバマ大統領の「私もかつて大麻を吸っていた」という発言が話題となったが、アメリカで実際に大麻解禁の動きが広がっている。なぜか。 で合法である医療大麻を所持・使用したとして,連邦法によって逮捕される可能性は ない.5)2016年4月6日のワシントンポスト紙(電子版)は,米国麻薬取締局が大麻の  2019年3月10日 米国のマリファナ使用に関しては、完全に認めているのは10州と首都ワシントンで、33州が医学的使用を認めている。専門家​の試算では、2022年まで  2019年5月18日 概要:大麻は何千年もの間、薬として使用されてきた。 大麻が薬として消滅したのは、驚くべきことに1933年に米国上院が禁酒法を廃止することに賛成 

2019年12月1日 アメリカ下院議会司法委員会は現地時間11月20日、大麻禁止に終止符を打つ新法案を承認した。マリファナ合法化法案が議会委員会で承認されたのは、 

2019年9月8日 米国の大学生がマリファナを使用する割合が、過去35年間で最高となったことが、ミシガン大学(University of Michigan)の調査で分かった。 2018年の  2019年9月27日 ニューヨーク市保健精神衛生局(DOH)は24日、市民の大麻使用に関する初の包括的な調査報告書を発表した。ニューヨーク州での娯楽用大麻の合法化  2018年10月23日 カナダで今月17日、嗜好(しこう)用としての大麻の所持や使用が解禁された。国家としての合法化は南米ウルグアイに続き2例目で、先進7カ国(G7)では  2019年3月21日 昨年カリフォルニア州が娯楽用大麻を合法化したことで、 米国は一気に大麻解禁に向けて進んでいる しかし大麻使用率は人種間でほとんど差がない。

現在、米国で大麻関連の企業に注目が高まっている で、大麻の使用を奨励しているわけではありません。

2018年11月7日 カナダ当局の推計によると、昨年の大麻使用者は15~64歳までの490万人で全体の約16%に上った。うち9割は医療目的以外とされ、違法使用が  2014年5月7日 米オバマ大統領の「私もかつて大麻を吸っていた」という発言が話題となったが、アメリカで実際に大麻解禁の動きが広がっている。なぜか。 で合法である医療大麻を所持・使用したとして,連邦法によって逮捕される可能性は ない.5)2016年4月6日のワシントンポスト紙(電子版)は,米国麻薬取締局が大麻の  2019年3月10日 米国のマリファナ使用に関しては、完全に認めているのは10州と首都ワシントンで、33州が医学的使用を認めている。専門家​の試算では、2022年まで  2019年5月18日 概要:大麻は何千年もの間、薬として使用されてきた。 大麻が薬として消滅したのは、驚くべきことに1933年に米国上院が禁酒法を廃止することに賛成 

2019年9月8日 米国の大学生がマリファナを使用する割合が、過去35年間で最高となったことが、ミシガン大学(University of Michigan)の調査で分かった。 2018年の 

で合法である医療大麻を所持・使用したとして,連邦法によって逮捕される可能性は ない.5)2016年4月6日のワシントンポスト紙(電子版)は,米国麻薬取締局が大麻の  2019年3月10日 米国のマリファナ使用に関しては、完全に認めているのは10州と首都ワシントンで、33州が医学的使用を認めている。専門家​の試算では、2022年まで  2019年5月18日 概要:大麻は何千年もの間、薬として使用されてきた。 大麻が薬として消滅したのは、驚くべきことに1933年に米国上院が禁酒法を廃止することに賛成